九州自然環境研究所

環境調査

環境調査

~開発と自然環境の調和~

道路や風力などの公共工事に伴う環境アセスメント、河川水辺の国勢調査などのモニタリング調査、農地整備や河川改修に伴う環境調査、阿蘇草原再生保全事業等を行っています。  特に、工事による改変が生じる場合は、対象地域に棲む生物相を明らかにし、保全策を講じていくことが必要となります。そこで、両生類、爬虫類、哺乳類、猛禽類、一般鳥類、昆虫類、魚類、底生生物、植物と、多岐に渡る生物群を対象に調査を行っています。これらの調査は生物多様性の確保及び自然環境の体系的保全へと結びついていきます。このように、対象地域にどのような種が生息しているかを調べる生息分布調査の他、より詳しく対象種の生態を解明していく生態調査も手がけています。さらに、保全対策として、影響の低減、回避、代替措置などの提案を行っています。

■ 生物調査(猛禽類、一般鳥類、両生類、爬虫類、哺乳類、昆虫類、魚類、底生生物、植物)

■ 河川水辺の国勢調査

■ 森林モニタリング調査

■ 環境アセスメント(調査、予測、評価)

■ GIS による生息環境の解析、評価

■ 自然観察会の計画、実施

■ ビオトープの計画、設計